結婚式のマナー、知らないと損です。

結婚

結婚について

結婚式のマナー、知らないと損です。

冠婚葬祭というものはそう頻繁にあるものではないので、慣れていないという場合がほとんどでしょう。でもマナーを知らないと、少々恥をかいてしまうものです。たとえば結婚式のマナーの1例では、招待状の返信はがきの「御出席」の「御」を「寿」の文字で消すとか、どうしても出席できない場合はお詫びの言葉とお祝いの言葉を添えるなどです。またご祝儀袋の種類やランクには様々あるので、どれを選んでいいかわからず困るという方もいらっしゃるでしょう。中に入れるお金も、あまりに汚いお札を入れてしまうと失礼に当たってしまうので、やはり新札の方が良いでしょう。服装に関しても、ウェディングドレスとかぶる白は避けるとか、もしお色直しのドレスの色が事前にわかっていたら避けてあげるなどの配慮が必要です。またお祝いのスピーチでも使ってはいけない縁起の悪い言葉などもあり、年長者が多く出席する式などではとくに事前によく調べた方がベターです。しかしあまり難しく考えてしまうとがちがちになってしまいそうなので、冠婚葬祭のマナー本を自宅に一冊置いておくのが、一番の解決法かも知れません。